過労死って何ですか?

過労死とは、「働き過ぎが原因となって引き起こされる死」です。長時間労働による疲労や精神的負荷が過度に蓄積すると心身 の健康を損ない、ついには死に至るとされています(2000年3月24日電通事件最高裁判決)。

脳内出血や心筋梗塞など身体が破綻するのが過労死、うつ病 の発症など精神が破綻するのが過労自殺(過労自死)であるといえます。


過労死・過労自殺は、無理をしてまじめに働いている人を突如襲い、大切な人を突然奪っていきます。

家族の心配は、突然現実のものとなるのです。

過 労死は1980年代後半に社会問題となり、国際的にも「karoshi」(death from overwork)として紹介されて既に30年近くになりますが、過労死・過労自殺は年齢、性別、職種を超えて広がり続けています。

1998年から13年 連続で毎年3万人を超えている自殺者の中には、相当数の過労自殺が含まれていると考えられます。

過労死の発生件数と「過労死予備群」

厚生労働省は、過労死・過労自殺の認定基準(通達)を作って、一定の要件を満たした過労死・過労自殺を「労働災害」と認定 しています。

2010年に労災認定されたのは過労・ストレスによる脳・心臓疾患285件(うち死亡は113件)、過労による精神疾患308件(うち自殺は 65件)となっています。

もっとも、労災請求がなされる事案は氷山の一角で、重い後遺障害が残った場合や自殺未遂も含めると、過労死・過労自殺の犠 牲者は数万人に達していると考えられます。

また、過労死の認定基準とされている「週40時間を超える時間外労働が「1か月100時間、又は2か月以上平均 して80時間」を超えて働いている人々(週にすると60時間以上働いている人)は、数百万人いるといわれています。

長時間労働の比率 (←長時間労働の比率)

(←労災認定請求件数)