「高度プロフェッショナル労働制」について


過労死等防止対策推進全国センターとして、以下のとおり「高度プロフェッショナル労働制」に対する声明を発表します。

 

「高度プロフェッショナル労働制」に対する声明


過労死等に関する実態把握のための社会面の調査報告

みずほ情報総研が厚生労働省の委託を受けて実施した「過労死等に関する実態把握のための社会面の調査研究事業報告書」の2015年度分が一部訂正の上、厚生労働省にて掲載されました。

同報告書に関して、有識者で構成された検討委員会の委員として、当センター共同代表の森岡が当該調査の設計とまとめにかかわりました。

第186回通常国会で議員立法として提出され、全会一致で可決成立した「過労死等防止対策推進法」においては、基本理念として「過労死等に関する実態が必ずしも十分に把握されていない現状を踏まえ、過労死等に関する調査研究を行うことにより過労死等に関する実態を明らかにし、その成果を過労死等に関する効果的な防止のための取組に生かすことができるようにする」とされているところです。

過労死等の実態を把握するためには、医学面の調査研究だけでなく、長時間労働の実態、企業の取組等、社会面の調査研究も必要です。

本事業は、「過労死等の防止のための対策に関する大綱」(平成27年7月24日閣議決定)において、国が取り組むべき重点対策の一つとして示されている過労死等の実態把握のうち、社会的側面からの調査・分析を行うものです。

過労死等防止対策に関する調査研究について

過労死等に関する実態把握のための社会面の調査研究事業報告書

山陰過労死等を考える家族の会設立

4月22日、「山陰過労死等を考える家族の会」が発足しました。
過労死を考える家族の会の目的は、過労死の根絶と過重労働者や家族・遺族の支援です。

発会式においては島根労働局長・鳥取労働局長にもご挨拶いただきました。

「連合島根」が「山陰家族の会」事務局の拠点として協力を得ることができました。

 相談窓口は連合島根労働相談ダイヤル 0120-154-052。

 

関連報道

20160415山陰中央新報

20160423山陰中央新報

20160423島根日日新聞

茨城県過労死等防止対策シンポジウム開催のお知らせ

茨城県で「過労死等防止対策推進シンポジウム〜過労死防止を考えるつどいin茨城〜」を開催いたします。

 

日程:3月26日(土)

時間:午後1時30分〜3時30分(受付開始 午後1時)

場所:茨城県立青少年会館 2階 大研修室

(JR常磐線 水戸駅北口 4番バス乗り場より偕楽園行きで、歴史館降車)

入場無料

 

「茨城の労働行政の取り組み」茨城労働局、過労死弁護団の尾林芳匡弁護士による「過労死の実情と求められる防止策」、「過労死家族の会より体験談紹介」など…

どなたでもお気軽に参加ください。

続きを読む

あなたの大切な人を働き過ぎから守るために

本会は、「過労死等防止対策推進法」が制定され、平成26年11月1日に施行されることを踏まえ、同法の定める過労死等防止対策とも連携をしつつ、過労死・過労自殺の予防と救済を行うことを目的とします。

「大切な人を、過労死・過労自殺・働き過ぎから守りたい!」

と考えているすべての人々に、この取り組みへの参加を、心から呼びかけます。